結婚

なぜ結婚式は6月が人気なのか?〜ジューンブライドの話〜

 

「ジューンブライド」という言葉を知っていますか?

 

6月の結婚は幸せになれるということで、結婚式の日取りは6月が人気なんです。

 

日本では、の時期は梅雨に当たるので、どうしても天気が心配になりますね。

 

せっかくなら、晴天の日に式を挙げたいものです。

では、なぜ結婚式の日取りで6月が人気なのでしょうか?

 

実は、ヨーロッパでは6月が一番天気の良い日が多いからなんですね。

 

もともとジューンブライドは、ヨーロッパからきた風習なんです。

 

ヨーロッパでは、6月には恋人の日もあり、なにかと幸せになれるのが6月と言われています。

 

 

日本の結婚式の日取りでも、この6月の大安の日が一番人気となっていて、1年前に式場の予約を取るようでは遅いくらいなんですよ。

 

しかし、最近では大安といった日にちをあまり気にしない傾向にもなってきているようです。

 

ちなみに、仏滅の日には安く結婚式を挙げられるプランがあるため、あえて仏滅を選ぶカップルも少なくはないんです。

 

ただし、本人たちが良くてもご両親や親族は気にする方が多いようなので、事前に確認する必要がありますね。

 

なお、6月にこだわらず、気候の良い秋に結婚式の日取りを組むという人も多いようです。

 

 

以前、日本の結婚式の日取りは、6月の時期は一番人気がありませんでした。

 

なぜなら、先ほどもお話したように雨が多い時期だからです。

 

それに困った結婚式場の側が、ヨーロッパのジューンブライドという話を大きく宣伝したところ、日本でも6月の結婚が人気になったという話があります。

 

 

今は、昔ほど結婚式の日取りにもこだわりを持たない人が増えています。

 

もしも、「この日に式を挙げたい!」という日にちがあるのならば、早めに式場を抑えることをおすすめします。

 

1日1組しか結婚式ができない会場もあるので、早めに問い合わせるに越したことはありません。

 

 

ですが、結婚式の日取りはいつに決めたとしても、2人にとっては一生の思い出となることは間違いないでしょう。

 

 

トップページへ