結婚

結婚式で使ってはいけない言葉

 

結婚式で使ってはいけない言葉は、たくさんあります。

 

結婚式でスピーチをする方はもちろん気をつけなければなりません。

 

しかし、その他の方もしっかりと結婚式で使ってはいけない言葉を頭に入れておきましょう。

まず、結婚式で使ってはいけない言葉には、別れを連想させるものがあります。

 

たとえば、

 

  • 離れる
  •  

  • 別れる
  •  

  • 切れる

 

といったものです。

 

 

他にも、不吉な言葉や繰り返しを表す言葉は、NGです。

 

具体例を挙げると、

 

  • 滅びる
  •  

  • 死ぬ
  •  

  • 悲しむ
  •  

  • 嫌う
  •  

  • 再び
  •  

  • 再三

 

などの言葉ですね。

 

 

結婚式のスピーチのときには、このような結婚式で使ってはいけない言葉を絶対に使わないようにしましょう。

 

 

それから、余興でサプライズ動画を作成する人も多いのではないでしょうか?

 

その中でも結婚式で使ってはいけない言葉が入っていないかを、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

それで、ももしものことがあった場合には、「失礼しました」と一言伝えることを忘れずに。

 

人間なので、失敗はありますからね。

 

 

日本語は難しいので、ついうっかり結婚式で使ってはいけない言葉を使いたくなってしまうこともあります。

 

ただ、使ってはいけない言葉を上手く言い換えることもできるんです。

 

 

たとえば、

 

  • 職場を離れる → 家庭に入る
  •  

  • 最後の言葉 → 結びの言葉
  •  

  • 料理が冷めないうちに → 料理が温かいうち

 

にと言い換えることができます。

 

 

なお、まさかありえないこととは思いますが、下ネタや自慢話は結婚式にふさわしくないので、そういった話はしないように心がけましょう。

 

 

また、最近では、結婚式でスピーチをする方を、当日に決めるという方法もあります。

 

その場合には事前に用意できないため、結婚式で使ってはいけない言葉を発しないように、十分に気をつけるようにしないといけません。

 

 

自分は関係ないだろうと思っていても、結婚式のマナーを勉強しておかないと恥をかくことにもなりかねません。

 

ですから、こういったことは知っておく必要があることを、肝に銘じておきましょう。