結婚

結婚式に出席するときの衣装について

 

結婚式の衣装って、いろいろと悩んでしまうものですよね。

 

 

神前式の場合には、新郎は紋付の袴、新婦は白無垢を着るのがお決まりのパターンです。

 

では、ゲストは何を着ていったら良いのでしょうか?

女性の場合には、せっかくなので和装というのはいかがでしょうか?

 

振袖を着る機会はあまりないので、結婚式の衣装として用いるのは良い機会ですね。

 

もちろん主役は新婦さんなので、新婦さんより目立たないような控えめの柄にしておきましょう。

 

和装を着ていくことで、新郎新婦のご両親が喜んでくれるということもありますしね。

 

 

また、結婚式の衣装では、足元も大切です。

 

神前式の場合は、靴を脱ぐ可能性がありますので、男性なら靴下、女性ならばストッキングにも気を配りましょう。

 

素足は厳禁ですので、絶対に避けてくださいね。

 

 

その他にも結婚式の衣装では、気をつけないといけない点がたくさんあります。

 

やはり、男性よりも女性の方が、結婚式の衣装にあたっての注意点が多いんですよ。

 

 

たとえば、

 

  • お肌の露出をしすぎない
  •  

  • キラキラしすぎているアクセサリーをつけない
  •  

  • 白い服装・素足・短いスカート・ミュール・ブーツは避ける

 

などといったものがありますね。

 

新婦さんよりも目立たないように、かつ華やかな雰囲気が良いでしょう。

 

 

ちなみに、露出の多いドレスの場合には、

 

  • ストールを巻く
  •  

  • ボレロを着る

 

などしてみてはいかがでしょうか。

 

 

また、黒いドレスもNGといいますが、アクセサリーやストールを工夫すれば大丈夫です。

 

アクセサリーは、パール調のものが良いでしょう。

 

 

最近は昔よりも、結婚式の衣装に関してNGなものは少なくなってきました。

 

ですので、最低限のマナーを守って、結婚式に参加すればほとんどの場合問題ないでしょう。

 

 

なお、その日のためだけの衣装を買うのがイヤと言う場合には、レンタルもあります。

 

和装は持っていないけど結婚式の衣装にしたいといった場合には、レンタルサービスを上手く利用するのも1つの方法ですね。