結婚

結婚式・披露宴の式次第はどうしたらいい?

 

こちらの記事では、結婚式や披露宴の式次第について解説していきたいと思います。

 

結婚式や披露宴と言っても、それぞれのカップルによってさまざまで、オリジナル部分が多いのでこれに限るものではありません。

 

こちらでお話する式次第はごくごく一般的なものということを、頭に入れておいていただきたいと思います。

新郎新婦が入場し席についたら、まず司会者が2人を紹介します。

 

現在では、紹介のときに動画を用いることも多くなってきています。

 

このときには、新郎が一言スピーチをする場合もあります。

 

 

その後、主賓の挨拶、乾杯と続いていきます。

 

ちなみに、主賓の挨拶は、会社関係の人を呼んでいない場合にはしないこともあります。

 

 

そして、ウェディングケーキへの入刀です。

 

これは乾杯前でも乾杯後でも大丈夫ですので、自分のやりたいタイミングを選びましょう。

 

カットしたケーキは、のちほどゲストにふるまうことも増えていますね。

 

 

これが終わったら、食事タイムです。

 

この時間では、写真を撮影したり友人にスピーチをしてもらうなど、2人で決めたことを行います。

 

 

続いては、お色直しのために中座します。

 

この際のエスコートを、大好きなお友達、姉妹、親、祖母に頼むというのも人気があるんですよ。

 

なお、新郎新婦の中座中にはゲストが飽きないように、プロフィール画像を流したりカラードレスの色あてクイズをやるなど工夫が必要です。

 

 

新郎新婦が再入場したら、そこからはお楽しみタイムです。

 

雑談、写真、余興、デザートブッフェなどをして、思い思いの時間を過ごしましょう。

 

 

結婚式の最後と言えば、やはり感動的な花嫁からの手紙です。

 

また、両親への花束の贈呈があります。

 

 

これらが、結婚式・披露宴の式次第の基本的なものです。

 

今はこれに限らず、自分たちでやりたい演出をやりたいようにやっていく形も増えています。

 

お色直しをしないということも可能ですし、逆にお色直しの回数を増やすということも可能です。

 

 

一生に1度の結婚式ですから、自分たちの納得いくものにしたいものですね。