結婚

結婚式で新郎新婦に送ってはいけないものとは?

 

こちらでは、結婚式で新郎新婦に送ってはいけないものについて、お話していくことにします。

 

結婚祝いを知り合いに送る方は多いのですが、送ってはいけないプレゼントがあるのを知っていますか?

 

まず代表的なものは、切れるものです。

 

たとえば、はさみ、ナイフ、包丁などですね。

それから、割れるものも良くありません。

 

例えば、ワイングラス、マグカップ、夫婦茶碗などといった食器類は、プレゼントしやすいものです。

 

しかし、これらは割れ物なので、避けた方が無難でしょう。

 

 

そして、日本茶も、弔事の時に渡すイメージがあるので良くないですね。

 

弔事のような感じではなく、かわいい包みに入っていれば送ることもできますが、それでも紅茶やコーヒーの方が無難です。

 

 

それからあまり知られていませんが、ハンカチも結婚式で送ってはいけないものの中の1つなんです。

 

これは、漢字で「手巾」と書くので、縁を切ることを意味してしまうのでダメなのです。

 

櫛も、「苦しい」とか「死」を連想させるので、結婚のプレゼントにはふさわしくありません。

 

 

これら結婚式で送ってはいけないもののなかでも、本人たちが望んで「欲しい」という希望ならば、問題なく送っても構わないでしょう。

 

しかし、こちらから勝手に送るのは、失礼にあたるので避けましょう。

 

 

こうしてみると、結婚式で送ってはいけないものはいろいろあるんですね。

 

私などは、うっかりとナイフとフォークのセットを送ってしまいそうになったこともあるので、気をつけないといけません。

 

 

ですが、現在は昔ほど堅苦しく考えなくなってきており、刃物も「未来を切り開く」と考えるようにもなっているのです。

 

割れ物も、割れると「増える」と考えるれば、プレゼントすることができます。

 

モノは考えようということですね!

 

 

いずれにせよ、こういったものは縁起物ですので、相手がどう思うか、そこを考えて結婚式で送るものを考えるようにしましょう。