結婚

結婚式のご祝儀はどのくらいにすればいい?

 

結婚式に出席するにあたって、ご祝儀をどのくらい包めばよいのか、ということには頭を悩ませますよね。

 

結婚式の祝儀は、いったいいくらくらいが妥当なところなのでしょうか?

 

まず、友人の結婚式へ出席した場合には、現在ではだいたい3万円といわれています。

 

3万円というのは無難なご祝儀の金額で、だいたいの相場と言われています。

ここで注意しないといけない点は、偶数の価格は避けるということです。

 

どうしても2万円にしたいということならば、1万円札1枚と5千円札2枚といったように工夫をしましょう。

 

 

ちなみに、4万円は、最近では幸せを呼ぶということで、ダメとはされていません。

 

こういったものは、時代とともに変化していくようですね。

 

 

結婚式の祝儀で他に注意しなければならないのは、2人の新生活の門出をお祝いするものなので新札を入れるということです。

 

もしも新札を用意できない時には、アイロンをかけるなどしてしわを伸ばす努力をしてください。

 

 

結婚式の祝儀は、ご祝儀袋にいれてふくさに包んで持って行きます。

 

ご祝儀袋は今では100均ショップにもありますし、文房具屋さんや無印良品などにもおいてあります。

 

ふくさは、ご祝儀袋が汚れないためにも持って行ったほうが良いでしょう。

 

持っていない人は、今後のことも考えて1つくらいは持っておいても良いのではないでしょうか。

 

また、ハンカチや布で代用しても構いませんので、ない場合にはそういった方法を用いてはいかがでしょうか?

 

 

なお、兄弟姉妹が結婚するときには、3万円ではなく10万円ほど包むのが相場となっています。

 

ですが、なかにはご祝儀には3万円だけ包んで、あとは何か生活に必要なものをプレゼントするということもできます。

 

 

その他の結婚式の祝儀のマナーとしては、表書きは毛筆で書くということが挙げられるます。

 

筆ペンやフエルトペンでもよいのですが、万年筆やボールペンは避ける必要があります。

 

 

このように結婚式のご祝儀に関しては、いくつかマナーがあるので覚えておきましょう。

 

きっと役に立つことでしょう。