結婚

結婚祝いのお返しはどのようにしたらいい?

 

結婚祝いのお礼は、いただいた金額や品物の半分ほどの金額の物を返すのが基本と言われています。

 

目上の人には薄く、後輩には手厚く返すのがマナーでもあります。

 

 

なお、結婚式に参加できなかった方には、挙式後1カ月以内に結婚祝いのお礼をするようにしましょう。

 

そして、お祝いをいただいたあと、すぐ電話で連絡を入れると相手も安心します。

では、結婚祝いのお礼には、何を送ればよいのでしょうか?

 

最近では、新婚旅行のお土産を送る方も増えていますね。

 

高額の結婚祝いをいただいた場合には、先に他の結婚祝いのお礼をして、後日お会いする際に新婚旅行のお土産をプラスαで渡すという考えもあります。

 

 

ちなみに、結婚祝いのお礼で人気があるものには、

 

  • カタログギフト
  •  

  • 食品
  •  

  • 食器
  •  

  • タオル
  •  

  • ホテルの食事券
  •  

  • ギフトカード

 

などといった実用性のあるものが多いですね。

 

送り忘れがないように、しっかりリストにしておくと安心ですね。

 

 

また、刃物は悪いことを連想させるので、結婚祝いのお礼ではタブーとされています。

 

偶数はいけないとも言われていますが、今ではそこまで縁起を気にしない傾向になってきています。

 

 

もらう側の結婚祝いのお礼のガッカリランキングを見てみると、

 

  • 1位:趣味に合わない小物や雑貨
  •  

  • 2位:嫌いな食べ物
  •  

  • 3位:新郎新婦の名前の入った名前入りギフト

 

となっています。

 

こういったランキングを参考に、しっかり相手のことを考えて結婚祝いのお礼をするようにしましょう。

 

 

結婚祝いのお礼は直接お渡しするのが理想ですが、遠方の場合には郵送でもかまいません。

 

ただその場合には、しっかり手紙を添えましょう。

 

さらに、結婚式で受付やスピーチを頼んだ友人には物ではなく、おうちに招待してもてなすホームパーティーをおこなうのも良いですね。

 

 

いずれにせよ、結婚祝いのお礼は、相手に喜んでもらえるものを2人でしっかり考えるようにしたいものです。

 

 

「結婚式のマナーあれこれ」トップページへ ⇒