結婚

結婚祝いを贈るのに良い時期ってあるの?

 

結婚祝いを贈る時期って、いつごろなのかご存知ですか?

 

もしも、結婚式に招待されているなら、招待状をもらってから結婚式の1週間前までに贈るのが良いとされています。

 

もし、結婚式に招待されていなくても贈り物をしたいというのであれば、結婚祝いを贈る時期はやはり結婚式の1週間前までにしましょう。

 

どちらにせよ相手が負担となってしまうので、少額のものにとどめておくようにしたほうがいいですね。

郵送する際に気を付けることは、相手に届く日にちです。

 

今では配達の日にち指定ができるので、仏滅の日は避けるべきです。

 

 

そして、直接家に結婚祝いを届けるという方法もあります。

 

この場合に結婚祝いを贈る時期ですが、結婚式前の吉日の午前中と言われています。

 

しかし、ここまで狭まってしまうと、お互いに負担となってしまいますよね。

 

なので、親しい方であれば連絡を取り合ってお互いの都合の良い時間に、ということでも構わないでしょう。

 

 

そもそも、結婚祝いを贈る時期については、ここまでこだわる必要はなくなってきています。

 

結婚式後の落ち着いた時期に、相手に欲しいものを聞いて贈る、という方法でも良いのです。

 

結婚式前後の忙しさがなくなったあたりに、新居にもっていくという方法もアリですね。

 

 

何よりも相手が喜んでくれることが最も大切ですので、まずは相手のことを一番に考えるようにしましょう。

 

なお、メッセージやお手紙を添えると、なお一層喜んでもらえますよね。

 

 

ちなみに、結婚式当日に結婚祝いを持参する方もいますが、これは相手の荷物にもなりますし失礼に当たるのでので避けるべきです。

 

また、人が大勢いる前で渡すのも負担となります。

 

食事会やランチ会で渡すときには、2人になるタイミングを見計らって渡すようにしましょう。

 

 

今となっては、結婚祝いを贈る時期にそこまでこだわりをもっている人はいないと思います。

 

それでも、一応カレンダーを確認して、できれば大安に当たるように渡すと良いかもしれませんね。

 

 

「結婚式のマナーあれこれ」まとめページへ