結婚

結婚式に平服で来るように言われたけどどうしたら良いの?

 

今回は、結婚式の平服についてお話していきたいと思います。

 

 

結婚式の招待状に、「平服でお越しください」と書かれていて困った経験はありませんか?

 

結婚式における平服とは、どのような服を着ていけばよいのでしょうか。

結婚式の平服とは、かしこまったタキシードやカクテルドレスではない略礼服のことをいいます。

 

決して普段着ではありませんので、日常的に着ているようなカジュアルな服装で結婚式に出かけると、恥をかくことになりますので気をつけましょう。

 

スニーカーやジーンズは、もちろんNGですよ!

 

 

男性の場合は、結婚式の平服と言われたときには、ブラックスーツで良いでしょう。

 

その際には、ネクタイは締めていったほうが無難ですね。

 

「結婚式には白いネクタイ」という話もありますが、今はそこまでこだわらなくても大丈夫です。

 

そもそも、白いネクタイというのは日本だけで、海外ではそういった習慣はないんですよ。

 

なお、ポケットチーフを入れると、オシャレに見えますね。

 

 

女性の場合の結婚式の平服は、スーツやワンピースで良いでしょう。

 

最近では、パンツスタイルも人気があります。

 

足元は、サンダルやブーツなどを避け、パンプスで行くのが基本です。

 

 

このときに注意しなければならない点は、花嫁より目立たないように、

 

  • 白は避ける
  •  

  • 肌の露出は避ける

 

ということです。

 

 

露出があるワンピースの場合には、ボレロを羽織るのも良いでしょう。

 

アクセサリーをつける、髪型をパーティ用の華やかな雰囲気にするという女性も多くいます。

 

もしも和服を着ていく場合には、訪問着で行くようにしましょう。

 

結婚式の平服は、男性よりも女性の方がバリエーションが豊富なのです。

 

 

結婚式の平服と言われて困っている方は、この記事に書いてあるような服装で行くようにしましょう。

 

結婚式の主役はあくまでも花嫁さんですから、くれぐれもあまり目立たないように気をつけてくださいね。