結婚

結婚式の日に急用ができてしまったらどうしたらいい?

 

出席予定だった結婚式の日に急用ができてしまったら、どうしたらよいのでしょうか?

 

結婚式の日に急用ができたら、まずはすぐに新郎または新婦に連絡しましょう。

 

出席予定でいるとそのまま結婚式の準備が進んでしまいますから、迷惑にならないように分かった時点でできるだけ早く知らせるのがマナーです。

ただ、

 

  • 急に体調を崩した
  •  

  • 出産が早まってしまった
  •  

  • 身内に不幸があった

 

など、結婚式に急に出席できなくなってしまうことは、誰にでも起こり得ます。

 

 

なお、インフルエンザや胃腸炎で無理して出席するというのは、周りの迷惑になりますのでやめるようにしましょう。

 

 

だいたいの結婚式場では、10日前くらいからキャンセル料がかかりますので、それ以降に結婚式で急用ができた場合には、必ずご祝儀を送るようにしましょう。

 

どんなに親しい友達であっても、結婚式の急な欠席をラインやメールでするのは失礼にあたります。

 

言いにくいのはわかりますが、必ず電話で伝えるようにしましょう。

 

 

もしも、結婚式の日に急用ができて、それが当日であった場合には、新郎新婦ではなく式場のスタッフへ連絡するようにした方が良いケースもあります。

 

結婚式当日の新郎新婦は多忙なので、直接連絡するのは控えたほうがいいかもしれません。

 

 

また、急用の理由ですが、体調不良であればその通りにちゃんと伝えたほうがいいですが、身内がなくなったなどの不幸が理由の際には濁しておくのがマナーです。

 

結婚式というのはおめでたい席ですので、本当の理由を話す必要はないでしょう。

 

 

仮に、受付や余興を頼まれていたときでも、欠席してしまうのは仕方がないことです。

 

そういうときには、代わりの人を自分で探すことはせずに、ただ申し訳ない気持ちを新郎新婦に伝えるようにしましょう。

 

受付やその他の代わりというのは、新郎新婦が探すか何かしらの対策を練るので、勝手に代わりを見つけるのはやめておくべきです。

 

 

とにかく結婚式で急用ができたら、一刻も早く新郎新婦に連絡を入れるようにしましょう。