結婚

結婚式でスピーチを頼まれた!どうする?

 

親しい友人などの結婚式で、スピーチを頼まれることってありますよね。

 

このように結婚式のスピーチを頼まれたときには、どのように行えばよいのでしょうか?

 

まずは、あまり緊張せずにできるだけ自然体でスピーチをしたいところですね。

時間も長すぎず短すぎない時間というのが良いのでしょうが、これがなかなか難しいところです。

 

結婚式でのスピーチは、だいたい5分くらいが適当な長さと言われているので、原稿用紙3〜4枚くらいがちょうど良いでしょう。

 

 

ちなみに、結婚式のスピーチでは使ってはいけない言葉もあるので、そこは気を付けないといけませんね。

 

例えば、切る、欠ける、離れる、去る、割れる、別れるなどが挙げられますが、他にもまだたくさんの言葉がありますので、しっかりリサーチをしておきましょう。

 

 

内容としては、自分しか知らない新郎新婦のエピソードを盛り込むと、いい感じで楽しいスピーチができることでしょう。

 

このときに、エピソードを詰め込み過ぎないようにして、だいたい1つに絞るとうまく話がまとまります。

 

 

また、あまり早すぎないスピードではっきりと話すと、誰もが聞き取りやすい良いスピーチになります。

 

マイクと口の位置も、近すぎないように注意してくださいね。

 

 

ですが、結婚式のスピーチを頼まれたけど、どうしても緊張してしまうなどの理由で断りたい場合には、どうすれば良いのでしょうか?

 

そういったときには、事前にスピーチ内容を紙に書いて、司会の方に読んでもらうという方法もあります。

 

ただ単純にお断りしてしまうのは失礼にあたるので、正直にあがり症という旨を伝えるのはどうでしょうか?

 

 

せっかくのお祝いの席でスピーチを自分に頼んでくれたので、感謝の気持ちを込めてスピーチをするようにしましょう。

 

なお、当日はお酒を飲みすぎて真っ赤な顔でスピーチを行うことのないように、スピーチが終わるまではアルコールは控えておいたほうが良いですね。

 

 

自分が指名された意味を考えて、素敵な結婚式のスピーチにしていきましょう。